40歳以上の日本人の8割が歯周病

歯周病は早期治療が大切

歯周病予防で歯磨きをする男性

口の中の違和感や生活に支障を来す歯周病、この病気は歯医者で治すことができます。
歯周病は歯の周りを中心に症状が発生する病気で、放置しても自然に治るケースは珍しく、悪化するのが一般的です。
治療は早いほど良いのが歯医者の間での認識ですが、仮に遅くても悪化を防げる可能性はあります。
歯肉炎の段階なら十分に治療できますし、歯石が口のネバ付きの原因であれば、これを取り除くことで解消可能です。
若年でも発症するのが歯周病ですから、定期的に歯医者に通って歯や歯茎を確認してもらうのが理想といえます。

歯肉炎で歯茎が盛り上がり血が出る、あるいは歯石が付いたりプラークで口臭が気になる、そういった場合は歯周病を確認する絶好の機会です。
歯医者では口を開けて歯や歯茎を見せますが、ここではまだ治療は始まらないので安心です。
最初に口腔内で起こっている状態の説明があり、次に具体的な治療方針が説明されるので、心構えを準備する時間がもらえます。
歯の表面や歯茎の歯石を取るだけでもスッキリしますし、ブラッシングを教えてもらうことで歯茎が引き締まります。
初期の歯周病はこれで落ち着くので、歯磨きを怠っている若年であったり、歯を磨く時に歯茎が気になる人にも歯医者の受診がおすすめです。
この記事の読者が大阪府在住なら、吹田市の有名な歯医者で受診してもらうことをお勧めします。
私自身お世話になったことのある歯医者なので安心して受診してください。

歯周病が悪化するとどうなるのか

医者の診断を受ける歯が痛い男性

もし歯医者で初期の歯周病と診断されれば、それは間違いなく治る段階で、放置しない限り重症化や併発を招く心配は無用です。
逆に気持ちが引き締まって今まで以上に歯磨きが取り組めたり、口腔ケアを意識する切っ掛けが得られます。
中程度の歯周病の場合は、併発の心配はまだなくても、重症化を防ぐケアの開始が不可欠となります。
この段階では蓄積している歯石を取り除き、次に歯根の状態を確認して治療を進めます。
歯根が綺麗なら治療は早く終わりますし、ケアの改善次第で歯周病が食い止められます。

最も早急な治療の重要性が高いのは、重症化が始まっている比較的進行度の高い歯周病です。
重症化を進めた歯周病は歯がグラグラと動いたり、プラークが蓄積しやすく少量のプラークでも細菌が早く増殖することから、日常的な口臭が懸念されます。
また重症の歯周病には糖尿病を代表とする、併発性の病気が新たな懸念に加わります。
歯周病は血糖値を上げることが分かっているので、放置して重症化が進めば糖尿病も悪化します。
まだ糖尿病と診断されていないとしても、今現在の歯周病治療の後回しは将来の発症を招くので、今からでも遅くないと信じて歯医者に相談することが大切です。

歯周病の放置は糖尿病誘発を招く

歯周病の放置は将来的な糖尿病を誘発するので、生活に支障が出ていなくても歯の治療を進めるのは賢明です。
糖尿病が誘発される原因には、歯周病が引き起こす出血や膿、または化学物質の影響が挙げられます。
これらが血中に作用してインスリンの効きを悪くすることで、結果的に糖尿病が発症しやすくなるというわけです。
既に糖尿病を発症していれば、更なる重症化が発生する恐れも高まります。
糖尿病は歯周病と相関性がある、これは現代の歯医者における常識的な認識なので、治療を受ければ糖尿病の発症や悪化が防げます。

歯周病患者には糖尿病もまた、悪化要因や重症化を招くリスクファクターに変わります。
糖尿病は免疫力を低下させるので、抵抗力が落ちた体は口腔内の細菌繁殖を許してしまい、歯石に溜まるプラークなどでも細菌が膨大に増殖します。
それが歯周病の症状も悪化させて糖尿病の方も進行させる、悪循環というネガティブスパイラルに陥ります。
長期的に歯周病を放置すると、口臭やネバ付きになれてしまって、自覚症状が薄まってしまうケースが珍しくありません。
歯石は歯周ポケットに蓋をしてプラークを覆い隠しますから、歯石の蓄積を許してしまうと、水面下で進行する歯周病や糖尿病を放置することになります。

口臭や口腔内の不快感を招く歯周病は、放置しても良いことは一つとしてないのが事実です。
食生活や運動に気を付けていても、歯周病の治療を怠れば折角の糖尿病予防も台無しです。
併発は歯に留まらず全身にも影響する二重苦となるので、歯に違和感があってもなくても歯医者に行くのが得策です。
歯周病の自覚がある人なら、糖尿病の発症やリスクを考慮して、歯医者で詳細に診てもらうことをおすすめします。
好きな物が食べられなくなったり、免疫力が低下して病気がちになる糖尿病は、発症を許すと生活の質が大きく下がるので要注意です。

口腔ケアと生活習慣の見直しが重要

歯周病予防のデンタルフロス

歯周病との併発では口腔ケアや運動習慣など、同時進行で対処にあたる必要性が上昇します。
反対に遅れて併発が判明すれば、より専門的な治療や生活全体の見直しが問われるでしょう。
糖尿病の重症化は、血管を傷付けて動脈硬化を招きますし、毛細血管の血流が減って体の機能が低下します。

指先は感覚が鈍く傷が治りにくくなったり、視力が落ちて失明するといったこともあります。
アルツハイマー型認知症の主要要因とも判明していますから、高齢者なら尚の事歯医者を受診する重要性が高めです。
治療を行なえば目に見えて症状が改善する、これが歯周病の特徴でもあるので、糖尿病のリスクを考えて歯医者で治療を受けることが必要です。